みんなの自動翻訳@TexTra®

必要なシステム動作環境について

商用利用にあたって、本システムを自社でハウジングしてもらう必要があります。

本システムは、Webサイト用と自動翻訳用のサーバが各1台必要となります。

以下にそれぞれのサーバスペックを記載いたします。

Webサイト用サーバ

※一般的なWebサーバのスペックで十分です

OS CentOS 5以降 64bit
CPU 2.60GHz (8Core) 以上
メモリ 64GB 以上
HDD 124GB 以上
ミドルウェア
Apache2.2 以降
MySQL5.0 以降
PHP 5.3 以降
Java 1.7 以降

自動翻訳用サーバ

SMT (日⇔英中韓)

OS RHEL/CentOS 5以降 64bit
CPU x86_64アーキテクチャ 24Core 以上
メモリ 96GB 以上
HDD 64GB 以上
ミドルウェア
Perl 5.8 以降
Python2.7 以降 (※翻訳先言語として韓国語を使用する場合のみ)
Ruby 1.8
Java 1.7 以降

NMT by CPU (日⇔英中韓)

OS RHEL/CentOS 5以降 64bit
CPU x86_64アーキテクチャ 24Core 以上
メモリ 18GB 以上
HDD 18GB 以上
ミドルウェア
Perl 5.8 以降
Python2.7 以降 (※翻訳先言語として韓国語を使用する場合のみ)
Java 1.7 以降

NMT by GPU (日⇔英中韓)

OS RHEL/CentOS 5以降 64bit
GPU NVIDIA Driver 361.00以降 (CUDA 8.0以降)
GPU-MEM 6GB 以上
CPU x86_64アーキテクチャ 6Core 以上
メモリ 18GB 以上
HDD 18GB 以上
ミドルウェア
Perl 5.8 以降
Python2.7 以降 (※翻訳先言語として韓国語を使用する場合のみ)
Java 1.7 以降