みんなの自動翻訳@TexTra®

翻訳エディタ PDF

概要

翻訳エディタとは、翻訳支援機能を利用し、翻訳を効率よく行うためのWebエディタです。

自分で用意したファイルやWebサイトを翻訳することができます。

※翻訳エディタイメージ

対応ファイル形式と書式について

ファイル対応表

翻訳エディタで扱うことができるファイル形式と書式は以下の通りです。

テキストファイル(*.txt)

テキスト

対応

HTMLファイル(*.html)

テキスト

対応

Wordファイル(*.docx)

テキスト

対応

テキスト付き図形

対応

対応

コメント

対応

脚注

対応

ヘッダー・フッター

対応

PowerPointファイル (*.pptx)

テキスト

対応

テキスト付き図形

対応

コメント

未対応

ノート

対応

ヘッダー・フッター

対応

Excelファイル (*.xlsx)

テキスト

対応

テキスト付き図形

未対応

コメント

未対応

シート名

未対応

ヘッダー・フッター

未対応

CSVファイル (*.csv)

原文

対応

訳文

対応

TSVファイル (*.tsv)

原文

対応

訳文

対応

TMXファイル (*.tmx)

原文

対応

訳文

対応

XLIFFファイル (*.xlf)

原文

対応

訳文

対応

モードについて

翻訳エディタには以下のモードがあります。

WYSIWYGモード

対象文書をできるだけ見た表示のままに編集するモード

原文+訳文モード

原文を確認しながら編集を行うモード

原文調整モード

原文を調整(結合、分割、修正)するモード

WYSIWYGモードでは表示されない文章が存在する場合があります。できるだけ全て翻訳する場合には、原文+訳文モードで翻訳作業を行ってください。

WYSIWYGモード

対象文書をできるだけ見た表示のままに編集するモードです。

Step.1 翻訳対象の文章を選ぶ。

文章にマウスオーバーすると、文章単位に赤くハイライトされます。

翻訳対象の文章にマウスオーバーし、クリックすると、編集フォームが表示されます。

Step.2 文章を翻訳する。

編集フォームに翻訳文を入力していきます。

翻訳が完了したら、編集フォームを閉じることで、訳文が反映されます。

原文-訳文モード

原文を確認しながら編集を行うモードです。

原文調整モード

原文を調整(結合、分割、修正)するモードです。

はじめに

表示は翻訳単位ごとに文章の色が交互になっています。

これらの単位ごとに結合したり修正したりします。

結合

文章と文章を結合します。

Step.1 ベースとなる文章をクリックします。

→ 赤色にハイライトされます。

Step.2 隣接する文章をクリックします。

隣接する文章は薄い赤色でハイライトされています。クリックすることで赤色にハイライトされます。

Step.3 決定ボタンをクリックして確定させます。

→ 同じ緑色に変わります。

分割

文章を分割します。

Step.1 対象の文章をクリックします。

→ 1文字ごとにハイライトされます。

Step.2 分割する箇所をクリックします。

→ 文章が分割されます。

Step.3 決定ボタンをクリックして確定させます。

→ 翻訳単位が分かれます。

修正

原文を修正します。

Step.1 対象の文章をクリックします。

→ 修正フォームが表示されます。

Step.2 修正文を入力しOKボタンをクリックします。

→ 修正された原文の色が紫に変わります。

調整内容を反映

調整内容を反映させる必要があります。

[調整内容を反映]ボタンをクリックすると、翻訳エディタが再起動されます。

メニュー - 戻る

翻訳エディタを終了して、呼び出し元画面に遷移します。

メニュー - 検索

訳テキストを対象に検索、置換を行うことができます。「原文-訳文モード」時の機能になります。

メニュー > 検索 をクリックします。

検索フォームが表示されます。

検索

上の入力ボックスに検索キーワードを入力すると、ヒットした内容が表示されます。

ヒットした内容をクリックすると、対象の行に移動します。

置換

検索実行後、下の入力ボックスに置換後の文字を入力します。

[検索]ボタンをクリックし、置換対象行にフォーカスします。

[置換]ボタンをクリックすると、文字が置換されます。

全置換

検索実行後、下の入力ボックスに置換後の文字を入力します。

[全置換]ボタンをクリックすると、検索でヒットした文字すべてを置換します。

メニュー - 保存

作業中のデータを保存することができます。

メニュー > 保存 をクリックします。

保存されているデータと作業中のデータが異なる場合、[保存]ボタンは赤く表示されます。

メニュー - ファイル

保存されているデータをダウンロードすることができます。「WYSIWYGモード」、「原文-訳文モード」時の機能になります。

ダウンロード

データをダウンロードします。

この時のファイル形式は、アップロードされたファイル形式と同じです。

対訳集に追加

データを翻訳データの対訳集に追加します。

新しい対訳集に登録

新しい対訳集を作成しそこに登録します。

既存の対訳集に登録

既に存在する対訳集に登録します。

原文ファイル

XLF形式のファイルでダウンロードします。

メニュー - 表示

翻訳エディタの表示方法を変更することが出来ます。「原文-訳文モード」時の機能になります。

メニュー > 表示 から表示方法をクリックします。

初期状態は[原文+訳文]になっています。

原文+訳文

画面を左右に2分割し、左側に原文、右側に訳文を表示します。

画面の左右を結合し、1行につき上側に原文、下側に訳文を表示します。

原文

原文のみを表示します。

訳文

訳文のみを表示します。

MT open

すべての自動翻訳結果を表示します。

表示方法が[原文]となっている場合は、表示されません。

MT close

すべての自動翻訳結果を非表示にします。

メニュー - 一括

翻訳フォームに対して一括してテキストを入力することができます。

一括入力できるテキストは以下のとおりです。

  • 原文

  • 自動翻訳(=MT)

  • 類似文検索(=TM)

メニュー > 一括 > 一括入力をクリックします。入力できるテキスト種別は原文、自動翻訳、類似文検索です。

一括入力フォームが表示されます。

それぞれのボタンの意味は以下のとおりです。

[テキスト]ボタン(緑)

テキストを入力します。

[前へ]ボタン

前の行へ移動します。(テキストは入力されません)

[次へ]ボタン

次の行へ移動します。(テキストは入力されません)

[一括入力]ボタン

すべての行にテキストを一括して入力します。

[閉じる]ボタン

フォームを閉じます。

[一括リセット]は全文章の訳文をクリアします。

[一括チェック-未確認]は各文章におけるチェックを、全文章に対して翻訳確定状態にします。

[一括チェック-翻訳確定]は各文章におけるチェックを、全文章に対して未確認状態にします。

メニュー - 校正

翻訳データの校正チェックをすることができます。

対訳用語チェック

設定した用語集を元に、原文には存在するが、訳文には存在しない用語をチェックする機能です。

メニュー > 校正 > 対訳用語チェック をONにすると、訳文に存在しない原文用語がオレンジ色にハイライトされます。

ハイライトされていない、かつ辞書引きされた原文用語にカーソルを合わせると、対応する訳文用語が赤色にハイライトされます。

メニュー - 元サイト

クリックすると別ウィンドウで元サイトを表示します。

※文書がHTMLの場合のみメニューに表示されます。

メニュー - 表示設定

現在編集中のURLや言語方向を変更することができます。

※文書がHTMLの場合のみメニューに表示されます。

機能 - 辞書引き

原文章内の用語に対して自動で辞書引きが実行されます。

辞書は翻訳データ(用語集)が使用されます。

辞書引きでヒットした用語には下線が引かれます。

クリックすると、原用語と訳用語一覧が表示されます。

原用語または訳用語をクリックすることで、その用語が翻訳フォームに挿入されます。

また、マウスオーバーすることで以下のサブメニューが表示されます。

Web検索

外部のサイトを利用したWeb検索を行います。

対訳検索

翻訳データ(対訳集)から検索を行います。

MT(*1)

自動翻訳結果を出力します。

TM(*1)

類似文検索を行います。

用語登録

翻訳データ(用語集)に用語を登録します。

*1 原用語にマウスオーバーした場合のみ表示されます。

機能 - 選択文字列操作

原文章をマウスで選択することで、辞書引きと同じサブメニューが表示されます。

メニュー - 保存

作業中のデータを保存することができます。

機能 - 類似文挿入

[TM]ボタンをクリックすると類似文検索結果が表示されます。

類似文検索結果は以下で構成されています。

類似度

原文章とどれだけ類似しているかのスコアです。

1.0で完全一致となります。

ヒット原文章

原文章に類似した原文章です。

ヒット訳文章

ヒット原文章に対応した訳文章です。

表示された類似文検索結果をクリックすると、ヒット訳文章が翻訳フォームに挿入されます。

機能 - 翻訳フォームクリア

[clear]ボタンをクリックすると現在入力されている翻訳フォームが空になります。

機能 - グループ機能

同じ原文章をグルーピングする機能です。

グループの原文章を翻訳すると、同じグループの原文章すべてに自動で訳文章が入力されます。

自動で訳文章を入力させたくない場合はグルーピングを解除します。

※グルーピング解除後に翻訳し、再度グルーピングした場合、訳文章はグループの訳文章で上書きされます。

機能 - チェック

チェック状態にすると翻訳フォームをロックすることができます。

誤って文字を挿入するのを防いだり、一括変換の対象から外す場合に利用します。

機能 - コメント

各文章にコメントを記入することができます。

機能 - 履歴

文章単位の履歴を表示します。

各履歴において、戻るボタンを押すことで、状態と原文を戻すことができます。

機能 - 文章マップ

文章マップとは、各文章へ簡単に移動することのできるリンクの集まり(=目次)です。

クリックすることで、各文章へジャンプします。

マウスオーバーすることで、原文章が表示されます。

文章マップは色によって、文章の状態を表現しています。

それぞれの色の意味を以下で説明します。

グループの場合、選択されたグループはオレンジとなります。

書式設定が完了しロックされている行です。

編集対象となっている行です。

WYSIWYGモードと原文-訳文モードで差異が発生している行です。

機能 - 共同編集

一つのファイルを複数人で同時に翻訳することが可能です。

他の翻訳者が翻訳している文章は背景が赤色でハイライトされます。

原文の下に翻訳者の名前が表示されます。

設定

翻訳エディタの設定についての説明です。

共通

初期表示モード

起動時に表示するモードの設定です。

初期目次

起動時に表示する目次の設定です。

ツールチップ表示

翻訳エディタ上で表示される説明ツールチップを表示するかの設定です。

オートコンプリート表示

訳文を入力する際のオートコンプリートリストを表示するかの設定です。

WYSIWYGモード

編集フォーム外クリック

編集フォームの外をクリックして、フォームを閉じるかの設定です。

原文+訳文モード

初期レイアウト

起動時に表示するレイアウトの設定です。

原文調整モード

初期編集タイプ

起動時にアクティブである編集タイプの設定です。

ショートカットキー

一覧

翻訳エディタで使用するショートカットキーの設定です。

制限事項

制限事項

  • 動作環境や、翻訳対象によってはエディタの動作が不安定になる場合があります。(推奨ブラウザ:Chrome、Firefox)

  • 200文章以上の文書の場合、処理が遅くなる場合があります。

  • 文章が多い場合、Internet Explorerは処理が遅くなる場合があります。